過去最大投資額となりました 2018年を振り返る

アメリカ不動産投資で資産倍増中!ブログ管理人の中山道子です。

2018年、もう12月も半ばとなりました。

皆様は、この年をどんな年とされましたか?

私自身は、今年、短期融資投資ご案内に着手した2012年以来、過去最大のご投資額を記録しました。これには、理由があるように思います。

この記事の概要 2018年を振り返り、2019年の展望を考える

(1)2019年は、多くの識者、投資家が、米国好景気最後の年と思っているフシがあります。

(2)これを反映し、株式市場は、ふつうの投資家にとっては、すでに、ここ数年のような順調なリターンを確保できる場ではなくなってしまいました。

(3)米国不動産市場についても、現在、在庫が増え始めており、価格は下がってはいないものの、成約率も落ちているのは、今後、売り手市場から買い手市場へのシフトを感じさせる予兆です。

(4)日本の不動産市場も同様。しかも、不動産については、かぼちゃの馬車事件の影響で、ベテランでないと、融資がほぼ無理になった状態と聞いています。

==

このように、日米で、株式の購入、不動産賃貸経営と、展望が不透明な中、資産の積み上がりは世界的に進んでおり、卑近なレベルでも、「安心できるよい投資先がない」ということで、私の案件へのご投資が増えたのだと思います。

2019年も、手堅い高金利の短期融資案件の人気が続くと感じます。

皆さんは、景気後退時の「お金の避難先」は、もう確保されていますか?

つづきを読む > 過去最大投資額となりました 2018年を振り返る

見分ける目

アメリカ不動産投資で資産倍増中!ブログ管理人中山道子です。

この記事のまとめ

資産形成される方には、2種類のタイプがいて、本業以外は苦手な方と、投資のほうも得意になられる方がおいでです。

つづきを読む > 見分ける目

ガソリンスタンドの経営者、貸し剥がしに会う! (2018年11月新規投資案件例 )

アメリカ不動産投資で資産倍増中!ブログの中山道子です。

今日は、2018年11月の融資投資ご説明会の参加者様にご紹介した投資案件例を取り上げて見ます。

この記事の概要

ガソリンの仲卸をされている業者さんが、銀行の貸し剥がしにあった理由とは?
鑑定額75万ドルの物件に対する47万1,000ドルの融資案件、投資家様の目標利回りは、年間10%強です。

つづきを読む > ガソリンスタンドの経営者、貸し剥がしに会う! (2018年11月新規投資案件例 )

ポピュリズムの台頭が米国投資を脅かす 「ふたつの米国」に気をつけろ!

アメリカ不動産投資で資産倍増中!ブログの中山道子です。

トランプ大統領が選出されてから、米国でも、ポピュリズムの台頭という厄介な問題について、多くの考察が行われてきました。

私自身、米国不動産を15年にわたりウオッチングしていますが、現在、米国投資をする際に、特に気をつけなければいけないのが、不穏な空気のもとである貧富の差の問題。

この記事のポイント

日本人が米国不動産投資に着手するに当たり、貧困エリア、成長機運が無いところに物件を買ってしまうケースがあとを絶ちません。

日本から見ると米国は、今、大変成長しているように見えますが、実際の米国は、ここ数十年の間に、「成長している米国」と「取り残されていく米国」という2つのエリアにきれいに分かれてしまっており、後者に足を突っ込んでしまうと、大変なことになります。

この記事では、まず、米国経済の格差問題と、そのことが米国の長期成長に対して、マイナスの影響を及ぼし始めていると思われる状況を取り上げます。

その分析をもとに、遠隔投資家が、不用意に、「取り残されていく米国」への長期投資に着手してしまうことへの警鐘を鳴らします。

つづきを読む > ポピュリズムの台頭が米国投資を脅かす 「ふたつの米国」に気をつけろ!