不動産決済に小切手が使えない理由 

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

日本にいるとあまり利用しない小切手。銀行口座を作り、小切手帳をもらうと、「不動産決裁にも使えるのかな?」と思われるかもしれませんが、一般の不動産取引には、それは、できません。

続きを読む

小切手との付き合い方 アメリカ不動産投資編

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

米国では、銀行口座は、CHECKING口座とSAVINGS口座に分かれます。

違いは、CHECKING口座では、小切手を発行してくれること。金利はつきません。SAVINGS口座では、金利が付きますが、小切手振り出し機能はついていません。最近は、例外もあるかもしれませんが、基本、チェッキング口座を開設しましょう。

ここでは、小切手との付き合い方を復習します。

続きを読む

確定申告上の経費になります! 自宅オフィス 米国納税ティップス

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

2020年2月、またやってきています。確定申告のシーズンです。米国の確定申告は、4月15日が期限です。海外居住者については、連邦税については、6月15日が期限なのですが、州税は、そうした繰り延べ措置がないため、州税を払う予定がある方は、4月15日を期限と考えておくほうがいいでしょう。

事務所を正式に借りておらず、自宅で、不動産投資のような(サイド)ビジネスを行っている方は、自宅の居室にかかる費用を一部、ホームオフィスとして、経費計上可能です。

IRSのウエブサイト上、経費の簡単な計算方法をご紹介しておきます。

続きを読む