雑感 不動産は、筋の良い案件をまとめることのほうが、お金を集めるより大変だったりします

アメリカ不動産投資で資産倍増中!ブログの中山道子です。

この記事の概要

よい投資案件を仕立てるほうが、資金を調達より難しいので、いい案件は、広告やセールスマンなど経由しなくても内々で終わってしまうというのは、本当です。

お金の調達より、物件調達のほうが難しい理由は、審査を厳密に行うと、成約率が落ちるためです。しかし、この事により、投資の精度は上がります。

私自身が、投資審査基準をより厳しくしていった経緯を振り返ってみます。

つづきを読む > 雑感 不動産は、筋の良い案件をまとめることのほうが、お金を集めるより大変だったりします

LLC 銀行口座本格開設前に  トランスファーワイズで米国 LLC 口座がオンライン開設できます

「アメリカ不動産投資で資産倍増中!」ブログの中山道子です。

今回は、「なんちゃって LLC 口座開設」の方法。米国居住者でなくても、これで、LLC 設立と口座開設が、自宅に居ながらにして、すべて終わります。

米国居住者でない場合、LLC 設立時には、銀行口座開設のため、渡米が必要になります。当面、何か必要という場合、TRANSFERWISE の LLC 口座開設をご検討されることにメリットがありえます。

私のアフィリ・リンクを使って頂ける場合は、こちらをクリック。お互い、少し得します。

つづきを読む > LLC 銀行口座本格開設前に  トランスファーワイズで米国 LLC 口座がオンライン開設できます

米国で納税者番号を取得する!後編 ITIN NUMBER の取得の段取り 

こちらは、同名記事の前編・後編の後編です。前編は、「どういうときに、どうして必要になるのか」を主としてご説明しました。そちらをご覧になる場合は、下からどうぞ。

米国で納税者番号を取得する! ITIN NUMBER とは何か 前編

この記事の概要

アメリカで不動産投資に着手する際に、納税者番号を取得する段取りをご説明します。書類の入力方法などの説明ではなく、代理業者さんにお願いする方法です。

こうしたことが得意な方は、業者さんを使わず、ご自身で手配されても結構かとは思いますが、普通に仕事がある方は、人に任せたほうが費用対効果が高いです。

米国で納税者番号を取得するには、申請から5ー7週間くらいの時間がかかります。また、申請は、「最初の確定申告書」と一緒に行うことが効率的ですが、物件取得時に手配することも可能です。

IRS に公認の代行エージェントのリストが掲載されていますが、確定申告をしてくれる税理士の先生であれば、大体、どなたでもできるかと思います。

日本在住者が、米国在住の会計士の先生にお願いしても構いませんが、「パスポートの認証プロセス」があるので、日本の事情に詳しい日本在住の先生にお願いするのが一番スムーズかもしれません。

つづきを読む > 米国で納税者番号を取得する!後編 ITIN NUMBER の取得の段取り 

米国で納税者番号を取得する!前編 ITIN NUMBER とは何か 


アメリカ不動産投資で資産倍増中!
ブログ管理人の中山道子です。この記事の後編で、取得方法をご説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。

米国で納税者番号を取得する!後編 ITIN NUMBER の取得の段取り 

この記事の概要

米国で不動産投資に着手する場合、納税者番号の取得が必要になってきます。

米国で生まれたり、留学・仕事をした方は、SSN(社会保障番号、SOCIAL SECURITY NUMBER )を持っていますが、こうした経験がない場合、ITIN NUMBER と呼ばれるタイプの納税者番号を申請することになります。

申請は、米国の連邦政府直管の内国歳入庁( INTERNAL REVENUE SERVICES、IRS 、日本の国税庁にあたる)にて行います。

米国で、はじめて、確定申告を行う時に同時にするのが一番楽ですが、時間の余裕がない場合、「これこれの投資を行い、それに基づき、収益を上げる予定で、そのため、それを申告するのに納税者番号が必要です」ということを説明する書類を作成し、番号申請だけをまず行うことが必要になります。

この前編記事では、実際的な取得の段取りについてではなく、「どうして、納税者番号が必要になってくるのか」という鳥瞰図のご説明をします。

つづきを読む > 米国で納税者番号を取得する!前編 ITIN NUMBER とは何か