米国から帰国するときはお気を付けください 銀行口座編

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

ひきつづき、米国居住者向け、このケースでは、赴任後、無事日本に帰国、または、別の国に転出される方に。

この記事の趣旨

アメリカを引き払うときは、銀行口座で、ネット・バンキング、オンライン・ワイヤー・トランスファーを使えるようにして帰国しましょう。

続きを読む

不動産におけるスタバ効果とは 

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

物件取得の際には、周囲に目配りすることが必要です。近所の店舗がどのようなお店かということから、「投資先エリアの相場観」が体感できます。

この記事の趣旨

米国では、スターバックスの出店があると、一年以内に、同じ郵便番号エリアで、0.5%の不動産価格上昇が認められたと報道されており、米国では、これを、STARBUCKS EFFECTといいます。

実際のところはどうなのか、原典論文にあたってみました。

続きを読む

米国居住者のための日本の銀行昨今事情 残してある口座資金の海外送受金にはご注意

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。この記事は、日本以外の国に居住中の方向けの情報です。

日本の銀行では、現在、海外とのやり取りをするために、原則として、マイナンバーが必要となっています。海外の自分の口座から、日本の自分の口座に振り込みをする場合、日本の自分の口座から、海外口座、たとえそれが自分の米国口座であっても、やはり、マイナンバーが必要になります。

続きを読む

アメリカ不動産投資節税スキーム、税制改正後は、既存投資家も、利用禁止に

この記事の概要

アメリカ不動産投資を使い、加速的に減価償却を取り、日本の所得と合算する節税術が、令和二年度の税制改正大綱で封じられそうです。「すでに、節税のために物件を買っている人」についても、今後、節税術は、令和3年以降、使えなくなる形で改正案が提案されることが決まりました。


(1)個人が、令和3年以後の各年において、国外中古建物から生ずる不動産所得を有する場合においてその年分の不動産所得の金額の計算上国外不動産所得の損失の金額があるときは、その国外不動産所得の損失の金額のうち国外中古建物の償却費に相当する部分の金額は、所得税に関する法令の規定の適用については、生じなかったものとみなす。

令和2年度税制改正大綱(自民党・公明党)

 

続きを読む