米国は景気後退期突入避けられず? 中古不動産市場は「ほとんど関係ない」と3月10日調査示す

この記事の概要

2020年3月中旬、株式暴落を迎え、米国も、コロナ不況突入が避けられそうにありません。それでは、2020年、米国不動産市場が、価格下落を経験するのかどうかを、ファンダメンタルズや最新調査を前提に予測します。

続きを読む

サンフランシスコの不動産は、東京より安いのか?

 

 

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログの中山道子です。

この記事の概要

アメリカの不動産価格は、賃金が高いため、割高が当然であり、むしろ、賃金比では割安であるという主張があります。この考え方からすると、米国投資をすることに、大きなうまみとでもいうものは、あるのでしょうか?

続きを読む

米国住宅ローンの強制立ち退きデータ 2019年版 居宅市場は絶好調

アメリカ不動産投資で資産倍増中ブログ管理人の中山道子です。

この記事の概要

現在、アメリカの居宅用不動産市場(レジデンシャル)は、依然、堅調。前回の不動産大不況の時には、2006年から2007年にかけて、強制立ち退きデータ(FORECLOSURE、フォークロージャー)が大幅アップするという状況がありました。

続きを読む